皮膚の病気

高齢者(老人)の皮膚(スキンケア)

高齢者では、皮膚の新陳代謝や皮脂腺の機能が衰えており、痒みを訴えたり刺激を受けやすくなります。皮膚の抵抗力の低下で「とびひ」が見られることもあります。また長年浴びてきた紫外線の蓄積効果による皮膚の線維の老化で皮膚はもろくなります。その他、体を清潔に保てないことや処置が十分できないことで、さまざまな皮膚の病気が出てきます。

01.入浴

体調の許す限り、入浴して体を清潔に保ちましょう。「マイルド」、「しっとり」を唱った石鹸がよいでしょう。ただし、香料の強いもの、あるいは薬用石鹸は避けてください。洗ってあげる時には、ご自身の皮膚を洗うときの半分程度の力で十分です。また熱いお風呂(42℃以上)の長風呂(30分)、ナイロンタオルでのゴシゴシ洗いや硫黄を含んだ入浴剤は痒みの原因になりますからやめましょう。入浴が毎日出来なくても、清拭は必要です。蒸しタオルで十分に蒸らした後、石鹸を泡立てた綿のタオルで体を拭いて、お湯でよくすすいでください。最近は水のいらないムースタイプの清拭剤も市販されています。体を拭いたら、すぐに保湿クリームを塗って、水分と油分を補給しましょう。寝たきりの場合、市販のボディーオイルで皮膚をマッサージし、汚れた角層を柔らかくして拭いてあげるだけでも十分効果があります。

02.洗髪

頭部は汗や皮脂分泌の調節障害によって、皮脂や汚れもたまりがちです。髪の毛をお湯で濡らしてから、脱脂力のあるシャンプーやフケとりシャンプーを使うのも方法です。寝たきりであっても、週1~2回は洗髪してあげてください。

03.おむつ

陰部は尿や便で汚れやすく、ジュクジュクしがちです。おむつはマメにかえてください。歩行が可能なら、シャワーで流しましょう。それが出来ない場合は、暖かいタオルなどで、押さえるように拭いてください。とくに肛門周囲の皮膚はふやけているため、強く擦ると赤むけ(ビラン)になることがあります。赤むけになれば、アズノール軟膏を少し厚めに塗って下さい。軟膏には炎症を和らげる作用以外に、皮膚の傷を刺激から保護する作用があります。市販のおしりふきは刺激になることがあるので使いすぎに注意しましょう。

04.足のケア

角質が厚くなる水虫(角質増殖型足白癬)や、爪が白く分厚くなる爪水虫が治療されないままになっている場合があります。爪は切って足をきれいにし、抗真菌剤を塗ってください。ウオノメやタコの痛みが激しい場合は、医療機関で削ってもらってください。

05.その他

肌着は、通気性の良い柔らかい木綿のものがお勧めできます。ウールやナイロン製のものは避けてください。また暖めすぎや乾燥は痒みを引き起こします。電気毛布は避け、室内を適度な湿度に保ちましょう。(40~60%が適当です)

皮膚の病気症一覧

お勧めコンテンツ

薬の塗り方(ステロイド系塗り薬、非ステロイド系塗り薬、保湿剤) LINE@

出版物のご紹介

徹底解説!スキンケアと皮膚の病気 詳しい内容やご注文をご希望の方は画像をクリックして下さい。

問診表ダウンロード

問診表 事前に問診表にご記入頂いてからご来院されますと便利です。

診療日カレンダー

2017年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
午前診療
08:45~11:45
午後診療
15:45~18:45
水曜・土曜
08:45~11:45
休診日
日曜・祝祭日
© 2017 医療法人學慈会 ほりき皮膚科クリニック All Rights Reserved.

トップへ戻る