皮膚の病気

粉瘤(ふんりゅう・アテローム・でんぼう)

皮膚の下にできるおでき(袋)のことを粉瘤といいます。(でんぼう,アテロームともいいます。)顔面、頸部、胸、背中によくできます。目の周りにみられる、針頭ほどの小さい白いぶつぶつもこれの一種です。多くは毛穴の一部が大きくふくらんで出来るもので、内壁は皮膚の細胞で裏打ちされています。そのため、袋には皮膚の垢がたまっています。(おから状で臭いにおいがします。)よく見ると、おできの中心部には開口部(黒い点としてみられます)があり、袋のなかは外界とつながっています。このしこりが急に痛みをともなって腫れてきた場合、開口部からバイ菌が入ったことが考えられます。治療では抗生物質を内服します。場合によっては、切開して中の膿を出す処置を行うことがあります。赤みやジクジク、膿が出てきた場合は、何も塗らずにガーゼを厚めに当ててください。おできをつぶして、中味をしぼり出したりしないでください。入浴はシャワー程度にとどめ、激しい運動やお酒は控えてください。おできを刺激するような体を締め付ける服も避けてください。なお放置したままだと、痛みがひどくなるばかりでなく、熱が出ることがあります。

皮膚の病気症一覧

お勧めコンテンツ

薬の塗り方(ステロイド系塗り薬、非ステロイド系塗り薬、保湿剤) LINE@

出版物のご紹介

徹底解説!スキンケアと皮膚の病気 詳しい内容やご注文をご希望の方は画像をクリックして下さい。

問診表ダウンロード

問診表 事前に問診表にご記入頂いてからご来院されますと便利です。

診療日カレンダー

2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
午前診療
08:45~11:45
午後診療
15:45~18:45
水曜・土曜
08:45~11:45
休診日
日曜・祝祭日
© 2017 医療法人學慈会 ほりき皮膚科クリニック All Rights Reserved.

トップへ戻る